「あの頃(前世)は…よかった」というなら、とっととお戻りになってはいかがか。

よくさ、いますよね、後期高齢者の方とか、後期高齢者に片足突っ込んでるかたとか、老害って言われている方で「あの頃はよかった…」っていうお方。そんなにあの頃がいいなら、とっととお亡くなりに(ピー!)でもなってそちらの世界に行かれてはいかがかと思うんですが…どうでしょう…。

まぁ、それはちょっと過激なんですけどね。

最近(といっても3年くらい前)は、20代の若い子でも「あの頃はよかった」っていうんだなっていう事案があったんですよ。「若いのに、かわいそうだなぁ。これから人生楽しいかもしれないのになぁ」って思ったんですけど、どうやらその子の「あの頃」って前世の事らしいんですよ。

「私、前世が見えるんです…。たまに夢で、前世の世界にいけるんです」

っていうんですけどね。うん。反応に困ったよね。いやまぁ「これ、ヤベー案件だ。真面目に聞かないと呪われるかもしれねー。まじやべー」と思って、ちょっとした老害の話を聞くよりも、よっぽど真剣に話を聞きましたけどねー。

いや、まいった。ほんと、反応に困ったのもそうだけど、「きみえさんの前世も見ますか?」って言われた時は、宗教の勧誘かと思った。全力で断りましたけどね。

「あーあ、あの頃(前世)なら、大勢の子供たちと一緒に遊んだり、お手製のお菓子を振る舞っていたのに…」

っていうんですけど…。いや、そんなに前世がよくて、夢でいけるなら永遠に寝ていたらいいのでは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA