学歴自慢はせめて大学からにしてほしい。出身が田舎なのはわかったけども。

学歴コンプレックス、嫌ですよね〜。開口一番「ところでさ、大学どこ?学部は?なに専攻してきたの?」なんて聞かれましても…。新卒ならわかりますよ新卒なら。でも。こちとら大学卒業して20年は経ってるわけですよ。確かに最終学歴は大学卒ですけども。大学でやったことを活かして仕事できますか?って言われると全力でNOなわけです。いやまぁ、中には全力でYESっていう真面目な人もいるんでしょうけど(学校の先生とか?)

で、まぁ、学歴のことを聞かれても「いやぁ、三流大学ですし、そもそも学校でやったことなんて覚えてないですよ〜。センター試験を受けた頃が一番頭がよかったんじゃないですかね?ピークがそこだから、今は落ちてる最中に決まってますってー。ははははー」なんていって誤魔化すわけですが…。

ついちょっと前に出会った学歴コンプレックスの36歳はひどかった。

なんせ、あれです。学歴の基準が高校受験。高校受験ですよ!?
大学も出てるはずなんですけど(それも私立でそこそこいいとこ)、自慢話に出るのは高校受験のこと。

田舎から、ちょっと都会の学校を受験するのに2%枠ってあるじゃないですか。本当ならそこの地域からとるわけじゃないけど、チャンスを与えるために2%だけ入れてやろうっていうアレ。

それで、そこの地域で一番の進学校に受かったらしいんですよねー。履歴書を見れるわけじゃないし、同学年でもなければ同郷でもないので、真実は知りませんけどね(学歴や経歴なんてものは、全て自己申告ですからね)

で、いうわけです。

「私は、〇〇の星だから。」って。
(〇〇は彼女の出身地域名。かなり田舎らしいんで、伏せときますね)

事あるごとにいうんですよ。誇らしいときは「そりゃそうでしょ。だって私は、〇〇の星だもの」悔しい時は、「なんで私がそんな業務をしなきゃいけないのよ!私は〇〇の星なのよ!」って。

知らんがな。ってか〇〇ってどこやねん。

ご両親はお二人とも学校の先生だそうで。学校の先生は、自分の子供のことをロクに見てやれないから、子育てが下手って言いますけど。ほんとだなーと思った次第です。

70とか80のババアになってもいってんだろうなぁ「私は、〇〇の星なのよ!」って。その頃には、地域統合とかで〇〇自体も無くなってそうだけど。

 

「あの頃(前世)は…よかった」というなら、とっととお戻りになってはいかがか。

よくさ、いますよね、後期高齢者の方とか、後期高齢者に片足突っ込んでるかたとか、老害って言われている方で「あの頃はよかった…」っていうお方。そんなにあの頃がいいなら、とっととお亡くなりに(ピー!)でもなってそちらの世界に行かれてはいかがかと思うんですが…どうでしょう…。

まぁ、それはちょっと過激なんですけどね。

最近(といっても3年くらい前)は、20代の若い子でも「あの頃はよかった」っていうんだなっていう事案があったんですよ。「若いのに、かわいそうだなぁ。これから人生楽しいかもしれないのになぁ」って思ったんですけど、どうやらその子の「あの頃」って前世の事らしいんですよ。

「私、前世が見えるんです…。たまに夢で、前世の世界にいけるんです」

っていうんですけどね。うん。反応に困ったよね。いやまぁ「これ、ヤベー案件だ。真面目に聞かないと呪われるかもしれねー。まじやべー」と思って、ちょっとした老害の話を聞くよりも、よっぽど真剣に話を聞きましたけどねー。

いや、まいった。ほんと、反応に困ったのもそうだけど、「きみえさんの前世も見ますか?」って言われた時は、宗教の勧誘かと思った。全力で断りましたけどね。

「あーあ、あの頃(前世)なら、大勢の子供たちと一緒に遊んだり、お手製のお菓子を振る舞っていたのに…」

っていうんですけど…。いや、そんなに前世がよくて、夢でいけるなら永遠に寝ていたらいいのでは…

恋する女が綺麗っていうけど、たぶん年齢制限があるって話。

恋する女は綺麗だっていいますよね〜。実際ね、綺麗ですよ。恋する女ってね。恋する相手のために、メイクやダイエットを頑張ってサ。エステだなんだと通ってさ。相手の趣味に合わせて(これは相手の趣味によるけれど)色々やってさ。とりとめのない話なんかしてても、ちょっとオーラが違う。

いくつになっても恋する女は綺麗って思ってたんですけど、例外がいたんですよ。「あれ?恋する女は綺麗っていうけど、汚くなる奴もいるんだ」「あれ?ちょっと聞いてた話と違う」ってなったんですけどね。

今日はちょっとそんな話をしてもいい?

金融系の事務で働いてた時の話なんですよ。窓口ってわけじゃなくて、ふつーに裏方ね。裏方にも色々あって、「裏だからジーパン履いてきてもいいよ」ってところと「裏だけど、きっちりしてないとだめ」ってとこの2パターンあったんですけど、私がいたところは、不幸にきっちりしてなきゃダメってところ。

ムッチャ無駄が多くって。封筒にガット入れてもいいような物をわざわざ四隅揃えなきゃいけないとか、お昼ご飯は、音を立てると印象が汚いから、バナナとか音が立たないものじゃなきゃダメとか、アホなルールがたくさんあったんですよね。

そんなルールを作って女帝として降臨してたのが、どっかの下請け会社(本当は孫請けダメらしいんだけど、こっそり孫請けで入った会社の課長クラス)の女。

仮に、宮崎さんとしましょう。45歳。独身。肩パットゴリゴリのバブル時代の事務方ファッション。高校のクラスだったら成績は中の上くらいの地味メガネ。他の子をいじめのターゲットにしてるから、自分はいじめられないポジションを取るタイプ。

宮崎さん、どうやら元請けの会社の社員さんが好きみたいなんですよねー。その人が顔を出すとムッチャ笑顔。あるじゃないですか。よく、少女漫画で、好きな男がきたら周りに花が咲くシーン。あんな感じになるんですよ。

なんですけど、一切美しくならない。

ほんっとまじで一切美しくならない。

「なんでコイツ、こんなに小汚いまんまなの?」って思ってたら、どうやら、宮崎さん、その男と他の女が話してるのを嫉妬100%の目で睨んでらっしゃるんですよね。(自分に近づいてきたときは、ムッチャ花咲かせるのに)

睨むだけじゃなくて、嫌がらせまでしてらっしゃる。で、次々にやめさせてるんですよー。まじで。職権乱用も甚だしい。

自分のスペックをあげて振り向いてもらおうっていうんじゃなくって、周りを陥れて自分しか花がいない状態にしようって作戦らしくってねー。

小汚い。

やっぱさ、自分を向上させる意欲がなくなる年齢になると、恋をしてもクッソ汚いまんまなんだなって思ったよね。

ちなみに、その男。既婚者。仕事の時は指輪つけてないんだって〜。きゃー宮崎さん。ざーんねーんwww

部下に文句をいうんじゃなくて、体制を変えるのがマネジメントなのでは?

「私はさ、結婚もしてないしさ、子供もいないけどさ、だからと言って、土日祝日ずっと出勤は辛いわけ。わかる?」

「彼氏もいないけどさ、でもさ、可愛い姪っ子・甥っ子がいるわけよ。その子たちの学芸会や運動会にも応援に行きたいし。なんなら年末年始も一緒にいたい。なのに、独身で子供がいないからって、ずっとずっとずーっと、土日祝日休みがないの。わかる?」

わかる。

わかるけれども。それをアルバイトに言われても困る。

困るよおおおおおおおお!正社員のおねーさーん!!

部下を五人も持ってるマネジメントクラスなんだからさ、上司に言おうよ。自分の部署に入るアルバイトを決定する権限もあるんでしょ?実際、聞かれてたよね?私の次に入る子を決めるバイト募集の時に。

「次に雇う子はどんな子がいい?スキル的にこんなスキルがないと困るとか、あったら言ってくれれば、面接の時に見ておくけど…。」

「というか、面接一緒にする?実際に一緒に働くのは、君なんだし、面接も君がした方がいいと思うんだけど」

って。

でも、あなたは、断った。

「アルバイトは、真面目に勤務してくれればいいですから。どんな人でもいいですよ」

って。

その時にさ、「土日祝日出勤が正社員ばかりだと負担がすごいんです。アルバイトで雇うのは、なかなか厳しいかも知れませんが、土曜日だけでも来てくれる人がいいです」っていえばよかったじゃん。なんなら「面接も私がします」っていえば、望むような外見の子だって来ただろうし、かっこいい男の子(俳優の東なんとかさんに似てるやつ?でしたっけ?)だって選べたでしょう。

それなのに、何も言わないから。上司が雇っちゃうんですよ。子持ち主婦を。扶養の範囲内で働ければいいって感じの、ゆる〜いふわっとした主婦を。

「真面目そうだったし、土日は来れなくてもいいんだろ?主婦に絞ると、すぐに採用が決めれて楽なんだよな〜」って。上司も言っちゃうんですよ。

そりゃそうでしょう!面接する時間が勿体無いし、自分が一緒に働くわけじゃないならぱっと見真面目そうなら雇いますよね。

それをさぁ…後からぐちぐち部下に言われたって困るんですよねぇ。ちゃんとあなたの上司にもチクっておきましたけどね〜。

子供を持ったことがないならわからないかも知れませんけど。そういう態度、アレに似てますよ。出不精の子供がお母さんに、「おかし買ってきて」って言った結果に。

「ぢがうのおおおお!!!ぼぐが ぼじがったのは!ごれじゃないのぉぉぉ!!」

って、足をばたつかせてごねるやつ。5歳くらいで卒業するやつですね〜。

お前がかつて苦労したのはわかった。だがそれを私にも押し付けないでもらいたい

さて。タイトルを読んだだけで「あーいるよね」って感じですよね。ブラック企業やブラック上司をディスる記事には、必ず登場しますもんね。

「私があなたくらいのときはねぇ」上司。

いますよねー。わかるー。あーでも待って、ここでブラウザバックしないで。せっかく来たんだから、ちょっとだけでもいいから読んで言ってほしい。すぐに終わるから!まじで!!すぐだから!!

それに。これから話す上司の話は、「いや、つっても、その苦労をしてるのはあんたじゃなくね?」「むしろ、赤の他人で、取引先でもうちの従業員でもなんでもなくね?」な案件なんですよ。奥さん!ほら、ちょっとだけ聞く気になったでしょ?でしょ?

今回のマッシュルームの訴え。

  • 子育て中っていうけどさ、子供抱えて取材してる人もいるよ?
  • 子育て中っていうけどさ、子供を隣近所に預けて働いてる人いるよ?
  • 子育て中っていうけどさ、もっと低い給料でフリーランスで働いてる人いるよ?
  • 私は子供産んだこともないし、結婚もしてないけどさ、甘ったれてんじゃないの?

待ってくれ。ちょっと待ってくれ。それが実体験なら、まだわかる。でも、子供も産んでなければ、結婚もしてない、彼氏もいないっていう人に言われたくないんだわ。

彼女が私と比較した人は、確かに実在する。

実在するけどさ、申し訳ないけど、彼女がそんなに苦労してまで働かなきゃいけないのは自業自得だと思うの。ちょっと聞いてほしい。

比較対象になってる女のデータ。

  • 不倫恋愛、妊娠、男が「おろしてくれ」と頼んで金をはらい、周り中から反対されるも勝手に産む
  • 社内不倫の結果だったため、人知れず退社、フリーランスへ
  • 勝手に産んだため、認知されず。周りからの援助もなくワンオペ育児開始。
  • 退職した会社のツテで仕事をもらいがんばる

うん、悪いけど不倫は文化じゃないし、勝手に産んでる時点でおかしいでしょ。産んだとしても、勝手に頑張ってるんでしょ?そんな人と一緒にしないでほしい。

というか、家庭の事情は人それぞれなんだから、「あなたの家庭は彼女に比べてここがなってない」なんて言われたくない。

バカなのか。ほんっと。女の敵は女っていうけれど、40近くまで結婚もできず、子供も産んでない「おとこおんなにならないと出世もできなかった」クソッタレは本当に厄介。

せめて、自分がした苦労だからお前も苦労しろくらい言ってほしい。自分の人生がペラッペラだからって周りの苦労話を人に押し付けんな。

 

初対面の上司の顔を見た瞬間。嫌な予感がした。

はじめまして。当ブログ「クリームシチューのマッシュルームが苦手です」にご訪問いただきありがとうございます。

このブログは、管理人が目先の利益につられてうっかり勤めてしまった企業のアレな話やコレな話をボツボツと書いていくブログです。

クリームシチューのマッシュルームは、私が一番苦手な食べ物です。給食のクリームシチューに入っていた、グネグネとした食感の、缶詰の匂い漂うあのにっくきキノコは大嫌い。それに出会う前までは、キノコもなんともなく食べていたのに、アレに出会ってからは、シチューに入っているキノコは総じてダメになりました。

キノコは旨み成分がたくさん入っていて、美味しいっていうのに!

クソな上司は、あのときのマッシュルームのようなものなのでは…?

ブラックなというか無念な企業に数社勤めましたが、そこにいる残念な上司もクリームシチューのマッシュルームのようなものだなぁと思ってます。

似たような系統(キノコ)で、所属してる環境(シチュー)がアレだから、拙い部分がひきたって、クソ上司になるんじゃないかと思ったんですよね。

だって、私が今までに出会ってきた頭がおかしい上司って、系統も環境もほぼほぼ一緒。

顔を見ただけで、「あ、こいつやばいわ」と感じる人もいたくらい。そして、その予感は当たるんです。

というわけで、マッシュルームには、申し訳ないんだけれど(恨むなら20年前の給食を恨んでくれ、キノコよ)、勤め先にいる上司をことごとくマッシュルーム扱いして、「こいつもキノコか」と蔑んでいます。

上司と初対面したとき、「あ。こいつマッシュルーム臭がする」って、嫌なもんですよ。ほんっと。

表立ってぐちぐち言っていると、ツイッターでもフェイスブックでも人が寄り付かないし、かと言って、はてブなんかを使うと、妙なワードでバズることもあるらしいので、目立たないようにワードプレス。

あなたがどんなワードでここに来たかは知りませんが、「あるよねあるよねー」なんて言いながら読んでもらえれば、こんなに嬉しいことはありません。

PR:モテフィットの付け方・使い方のポイント解説!ナイトブラでより効果を|モテフィット 付け方