医師

発症率は少ないのか

女性

他のがんに比べると名前を聞く確率がとても低いすい臓がんですが、発症率が他のがんより少々低いのです。しかしあくまでも少々ですし、転移の確率は非常に高いので発症すると大変です。

詳細を確認する...

再発との違い

医者

がんは良く再発する病気としても有名です。これは腫瘍と手術が関係しており、回避するのは少々難しいです。すい臓がんにも十分起こりうる事でありますが、転移とは状態が異なりますので把握しておくべきです。

詳細を確認する...

がんの怖い所と言えば

問診中

がんの恐ろしい点といえば、転移が代表的です。例えば胃がんを発症させてしまっているとして、治療を現在進行形で進めていたのにも関わらず、肺にも広がってしまったとします。それを転移と言い、胃がんが肺に転移してしまったという形で言われます。転移となったら転移した先も治療しなければなりません。そしてはっきり言うと、転移してしまっているという事は相当がんが進行してしまっているという事です。完治させるのは難しいですし、例え治療をしっかりと行えたとしてもあらゆる臓器の部位を切除する形になります。乳がんがもし肺に転移してしまったら、乳房と肺の該当する部分の双方を切除させなければなりません。がんは誰にでも発症してしまう可能性がある病気です。何故なら人間はがん細胞を持っているからです。そのがん細胞をがんへと変えていくのは、煙草を吸っていたりなど私生活が原因でもあります。しかし遺伝で発症してしまう方もいますので、決定的ながんの発症原因は人によって異なりますので、一言では説明が出来ません。

そんながんですが、あらゆるがんの中でも転移がしやすいとされているがんがあります。それはすい臓がんです。すい臓とは外分泌機能と内分泌機能を兼ね揃えている、胃のすぐ近くにある小さい臓器になります。すい臓すい臓があるからこそ、食べた食物からエネルギーが摂取できるようになっています。重要な臓器であるすい臓ですが、がんの魔の手は忍び寄ってしまうのです。すい臓がんの一番恐ろしい所は、早期発見が非常に難しいという事です。何故なら胃の裏という非常に分かりにくい所にあるすい臓ですので、すぐに見つけられる訳ではありません。そしてあらゆるがんにある自覚症状がすい臓の場合、特に何もなく日常生活を送る事になります。検査でも見つかりにくく、非常に発見が難しいのです。その結果早期発見早期治療が難しく、転移の可能性も非常に高いとされています。だからこそ日頃からがんの事について知っておくべきです。特にすい臓がんなど、普段あまり耳にもしないがんであっても知っておけば、検診の時に気を付ける事が可能です。転移も怖いですがすい臓がんは、がんのステージが一であっても非常に生存率が低いです。それを知っているのと知らないのでは、すい臓がんに対する認識が結構変わってきます。自分はすい臓がんになる確率が低いと勝手に思わず、しっかりと知識を集めてがんに危機感を持つ様にしましょう。

ステージによって異なる

医者

すい臓がんが発見されたのであれば、転移を防ぐ為にもまたはこれ異常広がらせない為にも、治療をしっかりと行なう事になります。治療方法は進行のステージ毎に異なります。初めから抗がん剤治療をする訳ではありません。

詳細を確認する...